配列は変数の塊

変数を連続した領域に確保するときは配列を使用します。
配列は以下のように宣言します。

変数の型 配列名[ 要素数 ];

配列は同じ型をした変数の塊になります。
まずは配列の使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

サンプルプログラム

ソースファイル名:main.c

実行方法

上のソースを書き写してステップ実行してください。
array をウォッチウィンドウに登録して、配列の各要素に入る値を確認してください。

配列とは

配列とは文字通り何かしらの連続した並びです。
そして、並んでいるものは、同じ型の変数になります。

変数の宣言に [] を使って数字を囲むことで配列を作成することができます。
サンプルプログラムでは、

char array[ 10 ];

が配列の宣言になります。
これは、

"char 型の変数を連続した領域に 10 個作って、arrayという名前にしなさい"

という意味になります。
配列は、すべて同じ型の変数になるので、これらの10個の変数は全て char 型の変数として扱えます。

配列に代入する方法

配列に代入するには、サンプルプログラムの、

array[ 0 ] = 3;

のように記述します。 普通の変数代入との違いは [ ] がある事です。

[] の中の番号が配列内の位置になります。
今回は、[] の中が 0 なので、0 番目、つまり先頭に入れていることになります。

先頭は 1 ではなく、0 なところに注意してください。
前から 5 番目に入れたいなら、

array[ 4 ] = 10;

となります。
0 からスタートするので、今回は、[] の中は 0 ~ 9 まで指定する事ができます。

ちなみに、

array = 3;

としても、配列内に数字を入れる事はできませんので注意してください。

配列の範囲外に代入したらどうなるの?

サンプルプログラムでは、10個の配列を作成しました。
つまり、[] 内は、0 ~ 9 まで指定する事ができるという事ですが、仮に 10 を入れたらどうなるでしょうか?

array[ 10 ] = 3;

これはやってはいけません。
配列の領域外は、メモリとして割り当てられている保証が無いので、動作エラーが発生します。
プログラムがフリーズする可能性が高いので、絶対にやらないように注意しましょう。

スポンサーリンク